信心獲得とは?

「信心獲得」は、「しんじんぎゃくとく」と読みます。
この信心獲得が、親鸞聖人が一生涯教えて行かれた浄土真宗の目的です。
信心獲得とは一体どんなことなのでしょうか?

信心獲得したらどうなるの?

親鸞聖人は、90年のご生涯、信心獲得一つを教え勧めて行かれた方でした。
それは一体どうしてなのでしょうか?
浄土真宗の御門徒が朝晩のおつとめで拝読する『正信偈』には、
信を獲て見て敬い大いに慶喜すれば、即ち横に五悪趣を超截す
と記され、信心獲得すれば、大慶喜の身となり、迷いとは縁切りになると言われています。

主著の『教行信証』にはさらに詳しく「信心獲得した人は、二度と迷わない身になって、必ず生きているときに十種類の幸せを頂ける」と教えられています。
(金剛の真心を獲得する者は、横に五趣八難の道を超え、必ず現生に十種の益を獲)

逆に、生きているときに信心獲得できなければ、死んでも極楽には往けません。
蓮如上人は、『御文章』に
信心を獲得せずば、極楽には往生せずして無間地獄に堕在すべきものなり
と言われています。

だから蓮如上人は『御一代記聞書』に、「信をとらぬによりて悪きぞ、ただ信をとれ」と言われています。
信をとれ」とは信心獲得しなさい、ということです。

では、信心獲得とはどんなことなのでしょうか?

獲得のある唯一の信心

信心」というと、「あの人は信心深い」といわれるように、神や仏を信ずることだと思います。
そして、「信心が足りない」とか「信心しなさい」といえば、神や仏をもっと深く信じるようにしなさい、という意味です。
信心といえば、どんな宗教でもいうのですが、それらの宗教の信心には、「獲得」ということはありません。
世界にたくさんの宗教がありますが、キリスト教にもイスラム教にも信心獲得ということはありません。
日本にも色々な宗教がありますが、信心を獲得したとか、信心をとったということはありません。
獲得した」とか「とった」ということがあるのは、浄土真宗で教えられる信心だけです。

では、獲得とはどんなことなのでしょうか?

獲得とは?

獲得とは、「」もうる、「」もうるという字です。
求めていたものがえられたということです。

例えば、結婚相手を探していて、手に入れたのが、結婚相手を獲得したということです。
マイホームが欲しかった人が、ローンを組んで購入すると、マイホームを獲得したといいます。
今まで自分のものでなかったものが、自分のものになったのが、獲得です。

ですから、卒業したとか、完成した、達成したということです。
秀吉が天下統一を求め始めて、ついに天下を手に入れたとき、天下統一を達成したということになります。
このような、卒業のある信心、完成のある信心を教えられたのが、浄土真宗です。
このような信心は、世界にどれだけの宗教があっても、浄土真宗にしかありません。
みんな死ぬまで信心し続けていかなければならない、信仰し続けていかなければならないのです。

宗教だけではありません。世の中のどんな道も、卒業や完成はありません。
例えば、仕事ならこれで完成ということはありません。どこどこまでも仕事は増え続けます。
お金儲けでも、いくら稼いだら卒業ということはありません。
増えれば増えるほどもっと欲しくなって求め続けます。
趣味や生きがいでも、完成はありません。
剣道でも柔道でも、書道でも華道でも、死ぬまで求道です。
政治も経済も科学も医学も、芸術もスポーツも、これで完成ということはありません。
完成や卒業があると思っているのは初心者のうちで、やればやるほど自分の未熟さと道の遠さが知らされます。
完成があるのは、親鸞聖人が明らかにされた信心だけなのです。

獲と得の違い

親鸞聖人が明らかにされた信心は、果てしのない道ではありません。
完成があります。
親鸞聖人が、完成があるといわれているのは、生きているときに変わらない幸せになれるということです。
この変わらない幸せになることが、私たちが人間に生まれてきた目的であり、本当の生きる意味なのだと親鸞聖人は教えられています。
親鸞聖人が、生きているときに、変わらない幸せになれると言われているのは、信心獲得の「」の獲るです。
それだけではありません。
現在生きているときに、信心獲得した人は、死んだ後にも、大変な幸せを得ることができると言われています。
これが「獲得」の得の得るです。
」とは、生きているときには、変わらない幸せになること、
」とは、死んで、極楽浄土へ往って、仏のさとりを開くことです。
この2つが獲られるのが、浄土真宗で教えられる信心です。
これを「他力の信心」ともいいます。

では、信心獲得とはどんなことなのでしょうか?

信心獲得とは?

信心獲得とはどんなことなのか、蓮如上人はこのように教えられています。
御文章5帖目5通「信心獲得章」です。

信心獲得すというは、第十八の願を心得るなり。
この願を心得るというは、南無阿弥陀仏のすがたを心得るなり。
(御文章5帖目5通「信心獲得」)

信心獲得すというは、第十八の願を心得るなり」の「第十八の願」とは、阿弥陀仏が建てておられる48願の18番目の願です。この第十八の願が、阿弥陀仏の本心が誓われていますので「阿弥陀如来の本願」といいます。
第十八の願を心得る」の「心得る」は、理解するとか納得するという意味ではありません。
体験するということです。
阿弥陀仏が本願に誓われている通りの身になることです。

では阿弥陀仏は本願に何を誓われているのかというと、「すべての人を必ず絶対変わらない幸せに助ける」と約束されています。この絶対変わらない幸せを『歎異抄』では「摂取不捨の利益」ともいわれ、今日の言葉で「絶対の幸福」といいます。

阿弥陀仏は、すべての人を絶対の幸福にするために、大変な長期間のご苦労をなされて、その働きのあるものを完成されました。
それが「名号」です。
名号」とは南無阿弥陀仏のことです。
本願を設計図とすれば、その設計図の通りに完成したのが名号・南無阿弥陀仏ですから、この南無阿弥陀仏を頂くと、本願の通り、絶対の幸福になれるのです。
それが「この願を心得るというは、南無阿弥陀仏のすがたを心得るなり」ということです。
では「南無阿弥陀仏のすがたを心得る」とはどんなことでしょうか?

変わらない幸せになるには?

このことを蓮如上人は、『御一代記聞書』にこう教えられています。

「弥陀をたのめば南无阿弥陀仏の主になるなり。
南无阿弥陀仏の主になるというは、信心を獲ることなり」と云々。
又「当流の真実の宝というは南无阿弥陀仏、是れ一念の信心なり」と云々。
(御一代記聞書)

たのむ」とはお願いするということではありません。
救われるということです。
阿弥陀仏に救われれば、南無阿弥陀仏の主になるといわれています。
主になる」とは、自分のものになるということですから、「南無阿弥陀仏の主になる」とは、南無阿弥陀仏を頂くということです。
南无阿弥陀仏の主になるというは、信心を獲ることなり」とは、名号を頂くことが、信心獲得であると教えられています。

ですから、「当流の真実の宝というは南无阿弥陀仏、是れ一念の信心なり」といわれているのは、浄土真宗の真実の宝は、南無阿弥陀仏を頂いた一念の信心であるということです。

一念」とは、信心獲得する何億分の一秒よりも短い時間です。
一念で名号を頂いて、変わらない幸せになれるので、これが真実の宝なのだと言われています。

ですから、信心獲得章に「この願を心得るというは、南無阿弥陀仏のすがたを心得るなり」といわれているのは、第十八願を体験するというのは、南無阿弥陀仏の働きを体験することだ、ということです。
すがた」というのは、お力とか働きのことです。
このように、信心獲得とは、阿弥陀仏の本願の通りに、名号を頂いて、絶対の幸福になることなのです。

ではどうすれば信心獲得できるのかについては、以下の小冊子に分かりやすくまとめてありますので、今すぐお読みください。

浄土真宗の本質を学ぶ

浄土真宗の教えの本質、苦しみの根元をメール講座にまとめました。
詳しくは以下のページで確認してください。