浄土真宗の法名

法名はどんな人が頂くの?

あなたは「法名」は、「戒名」といわれるものと同様に、死んだ人につける名前のように思っていませんか?

浄土真宗では、「戒名」はありません。
戒名というのは、浄土真宗以外の宗派で、授戒して僧侶となったときにつける名前です。
浄土真宗では戒律がありませんので、授戒もなく、戒名もありません。
その代わり、法名を頂きます。

法名には、院号は使われることがありますが、他の宗派のような「居士」「大姉」「信士(しんじ)」「信女(しんにょ)」などの位号は使いません。
このような名前なら浄土真宗ではないことが分かります。

しかし世の中では、法名を死んだ人につけるものだと思ったり、院号など、長い法名をつけることが孝行になったり、死者のためになるように考えられていますが、それは大変な誤解です。

法名」とは、生きている間に、弥陀に救われ、絶対の幸福になった人が頂くものです。

生きている時に阿弥陀仏に救われ、他力の信心を獲得した人に、お釈迦さまは、

我が善き親友なり(『大無量寿経』)
(私、釈迦の親友である)

と手を差し伸べられています。

しかし、だからといって、
「それなら友達になります」
というのも大変もったいないことです。

「滅相もございません。とても友達などというものではありません。ですが、せっかくのお言葉、せめてお釈迦さまのお弟子にしていただきます」
と「」の字を頂いて、
男性なら「釈○○」、
女性なら「釈尼○○
と阿弥陀仏に救われ、信心獲得した人に、法名をつけられるのです。

この信心の人を釈迦如来は、「わが親しき友なり」とよろこびまします。(親鸞聖人『末灯鈔』)

一日も早く、この世で阿弥陀仏の救いにあえるよう、聞法精進させて頂きましょう。

浄土真宗の本質を学ぶ

浄土真宗の教えの本質、苦しみの根元をメール講座にまとめました。
詳しくは以下のページで確認してください。