トップ > 年中最大行事「報恩講」

浄土真宗年中最大行事・報恩講

浄土真宗では、毎年親鸞聖人のお亡くなりになられた
11月28日を中心に
「報恩講」が催されます。
「報恩講」は、親鸞聖人の御恩に報いる集まりです。

親鸞聖人の御恩に報いるには、親鸞聖人が願っておられることは何か、まず知らねばなりません。
親鸞聖人の教えてゆかれたことを聞かせて頂き、
その通りにさせて頂くことが、
もっとも親鸞聖人が喜ばれることです。
報恩講は、浄土真宗の年中最大行事です。

浄土真宗が学べる無料メール講座

21回のメールで、浄土真宗を開かれた親鸞聖人が
たった一つ教えていかれた「生きる意味」について
分かりやすく解説しています。
今すぐご覧下さい。

今なら、親鸞聖人が教えられた浄土真宗の真髄を
分かりやすい小冊子でプレゼント!(期間限定)

浄土真宗講座

よくある8つの質問


浄土真宗と浄土宗の違い

浄土真宗と浄土宗はどこが違うのでしょうか。

自力仏教と他力仏教の違い

浄土真宗は他力の仏教です。自力の仏教である、天台宗や真言宗や禅宗などとは、どこが違うのでしょうか。

西本願寺と東本願寺の違い

浄土真宗の、西本願寺と東本願寺というのは一体何が違うのでしょうか。

浄土真宗の法名とは?

法名は、死んだ人につけられる名前だと思っていませんか?大変な誤解です。

位牌はどうするの?

浄土真宗では、お仏壇に位牌は置きません。

お墓参りの意味は?

お墓参りは一体何のためにするのでしょうか?

本当の先祖供養とは?

浄土真宗の真の先祖供養の秘密

般若心経はダメ?

なぜ浄土真宗では『般若心経』を読まないのでしょうか?

浄土真宗の一年


年始の挨拶

お彼岸

お盆

報恩講

お歳暮

浄土真宗の本の解説


正信偈

「きみょーむりょーじゅーにょーらいー」朝晩のおつとめで拝読される親鸞聖人の正信偈。

歎異抄

「善人でさえ助かるのだから悪人はなおさら助かる」他力信心の極致をあらわされ長い間、門外不出の秘本とされていたた親鸞聖人のお言葉。今日は日本で最も読まれる仏教書。