トップ > プロフィール

このサイトの理念

こんにちは。中村僚です。

私は東大を卒業した仏教の専門家です。

750年前、親鸞聖人のご苦労によって開かれた浄土真宗は
今日、葬式仏教、法事仏教となり、衰退の一途をたどっています。

しかし、私がこの「浄土真宗.jp」であなたに訴えたいことは、
浄土真宗の私たちは、この危機的状況を乗り越え、
浄土真宗を再興することができるということです。

今日の浄土真宗の衰退の原因を私が思い知らされたのは、
アメリカはサンフランシスコで文化講座をしていた時のことでした。

もともと引っ込み思案な私が、言葉も文化も違うアメリカで、
初めて話をすることになったのです。
しかも2、3人来られても緊張するのに、
何と20人以上も来られるのです。

あまりの参詣者にあせった私は、
とにかく親鸞聖人のお言葉を出して、
その意味をできる限り丁寧に、お話しさせて頂きました。

すると大変喜ばれるのです。

それが、調子に乗って自分の言葉で話をすると、
とたんに伝わらなくなってしまいます。

アメリカで話をしていた期間、私は、
親鸞聖人のお言葉を出してお話しすることのすごさを
実感致しました。

そしてそれは、日本でもアメリカでも、
いつでもどこでも変わらない原則なのだと知らされました。

同時に思ったのは、浄土真宗が葬式や法事ばかりで、
親鸞聖人のお言葉を出して教えが説かれなければ、
浄土真宗が衰退するのも、無理はないということです

しかもそれだけではありません。

私がアメリカから戻り、インターネットで
親鸞聖人の教えを世界に発信し始めると、
匿名で嫌がらせのメールが送られてきたり、
インターネット上などで、誹謗中傷が巻き起こったのです。

しかも驚くべきことに、
親鸞聖人の教えを伝える妨害をしているのは、
他でもない、浄土真宗の僧侶だったのです。

この浄土真宗の危急存亡の秋に、
僧侶はそんなことをしている場合なのでしょうか。

しかし、妨害されればされるほど、
ご縁を結ばれる人は増え続け、たくさんの方が、
浄土真宗の教えを聞きたいと、
メルマガをお読み頂いたり、
励ましのメールを頂いています。

親鸞聖人のお言葉を出して話をすれば、
葬式法事ではなく、教えを聞きたいという人が
集まって来られるのです。

もはや浄土真宗の未来は、親鸞聖人の教えを知りたいという
私たち親鸞学徒の手にかかっているとしか思えません。

この危急存亡の秋に、親鸞聖人の750回忌を迎え、
浄土真宗はまさに未来が決定される時代の変わり目です。

衰退を続ける浄土真宗が再興されるには、
親鸞聖人のお言葉を通して教えを学ばなければなりません。

500年前もそうでした。
想像を絶する迫害の中、あの廃れきった浄土真宗を、
一代で再興され、全国に聖人の教えを徹底された
蓮如上人をはじめとする親鸞学徒たちの秘訣は、
自分のことは一切語らず、親鸞聖人のお言葉を出し、
熱いっぱいにお話することだったのです。

それが、長く険しい道を乗り越え、
浄土真宗を日本最大の教団へと導いたのです。

既存の伝統教団が葬式ばかりで教えを説かず、
真面目な聞法者の妨害までしている今、
すべての人が本当の幸福になれるたった一本の道を説かれた
浄土真宗は私たちで再び、再興されなければなりません。

葬式や法事でなく、
親鸞聖人のお言葉を出して、その意味を学ぶ、
本道を進めば、いつの時代、どこの国でも、
それは必ずなしとげられるのです。

一人でも多くの方と共に、浄土真宗の教えを学ばせて頂けるよう、
これからもこの理念のもと、頑張っていきたいと思います。

何とぞよろしくお願い致します。

親鸞.net連絡先

浄土真宗が学べる無料メール講座

このページのご挨拶は、少し固いですが、
21回のメールで、浄土真宗を開かれた親鸞聖人が
たった一つ教えていかれた「生きる意味」について
とてもやわらかく、分かりやすく解説しています。
今すぐご覧下さい。

今なら、親鸞聖人が教えられた浄土真宗の真髄を
分かりやすい小冊子でプレゼント!(期間限定)

浄土真宗講座

よくある8つの質問


浄土真宗と浄土宗の違い

浄土真宗と浄土宗はどこが違うのでしょうか。

自力仏教と他力仏教の違い

浄土真宗は他力の仏教です。自力の仏教である、天台宗や真言宗や禅宗などとは、どこが違うのでしょうか。

西本願寺と東本願寺の違い

浄土真宗の、西本願寺と東本願寺というのは一体何が違うのでしょうか。

浄土真宗の法名とは?

法名は、死んだ人につけられる名前だと思っていませんか?大変な誤解です。

位牌はどうするの?

浄土真宗では、お仏壇に位牌は置きません。

お墓参りの意味は?

お墓参りは一体何のためにするのでしょうか?

本当の先祖供養とは?

浄土真宗の真の先祖供養の秘密

般若心経はダメ?

なぜ浄土真宗では『般若心経』を読まないのでしょうか?

浄土真宗の一年


年始の挨拶

お彼岸

お盆

報恩講

お歳暮

浄土真宗の本の解説


正信偈

「きみょーむりょーじゅーにょーらいー」朝晩のおつとめで拝読される親鸞聖人の正信偈。

歎異抄

「善人でさえ助かるのだから悪人はなおさら助かる」他力信心の極致をあらわされ長い間、門外不出の秘本とされていたた親鸞聖人のお言葉。今日は日本で最も読まれる仏教書。