トップ > 本当の先祖供養とは?

本当の先祖供養とは?

「先祖供養」というと、たいていはお墓に参って、
何かを供えてお経を読んでもらうことだと
思っているのではないでしょうか。

しかし、本当の先祖供養をするには、
まず、先祖とは何かを知らなければなりません。

「先祖」というと普通、
おじいちゃんのおじいちゃんとか、
そのまたおじいちゃんが先祖だと思います。

それはもちろんそうですが、
一番近い先祖は親ということになります。
その親も先祖ですし、そのまた親も先祖です。

親というのは、一人に2人ずついますから、
さかのぼっていくと、急速に人数が増えていきます。
こんな感じです。

○ ○ ○ ○○ ○ ○ ○3代前 8人
 \/ \/  \/ \/ 
  ○  ○  ○  ○2代前 4人
   \ /  \ /
    ○    ○親 2人
     \  /
      ○自分

これを表にすると、

1代前 2人
2代前 4人
3代前 8人
4代前16人
5代前32人


となります。

これは、高校数学で習った等比数列になっています。
ということは、
n番目までの和の公式がありますので、
n代前までの先祖の人数の合計が
分かります。

計算してみると、
(現実には重複はありますが、
 話を簡単にするために
 それを考えなければ)
30代で1億人を超え、
37代で100億人を超えます。

この中で一人かけても、
自分は生まれることはできませんでしたから
大変なことです。

そのような先祖があってはじめて
私たちは人間に生まれることができたのです。

お釈迦さまが、

人身受け難し 今すでに受く

と教えられていますように、
いかに人間に生まれたことが
有り難いことか分かります。

先祖の恩に報いるには?

では次に、そのような、
一人欠けても私が人間に生まれることはできない
そんな恩のある親や先祖に報いるには、
どうすればいいのでしょうか。

それにはまず親や先祖の最も喜ぶことは
何なのかをよく知る必要があります。

どうすればいいのでしょうか。
何も口寄せなどの謎の降霊術を使ったり、
チャネリングをして
宇宙と交信する必要はありません。

わざわざそんな、
人間わざとは思えないスキルを習得して、
親や先祖に聞いてみなくても、
自分が子供や孫に
何を望んでいるのか考えれば分かります。

親が何を望んでいるかといいますと、
子供の幸せ、これ一つですよね。
自分はいいから、子供には幸せになってもいたい、
と思います。

まさか子供や孫にたたって、
病気にしてやろうとか
交通事故に遭わせてやろうなどと
思うはずがありません。

何とか幸福になってもいたいと思います。
幸福といっても、やがて崩れる
今日あって明日にきはかない幸福ではなく、
仏教に教えられる
絶対に崩れない絶対の幸福になるのが一番です。

仏教を聞いて、

人身受け難し 今すでに受く

「生まれがたい人間に生まれてよかった」
と大満足できる絶対の幸福になることこそが
先祖の最も喜ぶことであり、
本当の先祖供養になるのです。

それが一番の恩返しになりますから、
一日もはやく浄土真宗の教えを聞いて、
親鸞聖人の教えられた絶対の幸福の身になれるよう、
聞法精進させて頂きましょう。

浄土真宗が学べる無料メール講座

21回のメールで、浄土真宗を開かれた親鸞聖人が
たった一つ教えていかれた「生きる意味」について
分かりやすく解説しています。
今すぐご覧下さい。

今なら、親鸞聖人が教えられた浄土真宗の真髄を
分かりやすい小冊子でプレゼント!(期間限定)

浄土真宗講座

よくある8つの質問


浄土真宗と浄土宗の違い

浄土真宗と浄土宗はどこが違うのでしょうか。

自力仏教と他力仏教の違い

浄土真宗は他力の仏教です。自力の仏教である、天台宗や真言宗や禅宗などとは、どこが違うのでしょうか。

西本願寺と東本願寺の違い

浄土真宗の、西本願寺と東本願寺というのは一体何が違うのでしょうか。

浄土真宗の法名とは?

法名は、死んだ人につけられる名前だと思っていませんか?大変な誤解です。

位牌はどうするの?

浄土真宗では、お仏壇に位牌は置きません。

お墓参りの意味は?

お墓参りは一体何のためにするのでしょうか?

本当の先祖供養とは?

浄土真宗の真の先祖供養の秘密

般若心経はダメ?

なぜ浄土真宗では『般若心経』を読まないのでしょうか?

浄土真宗の一年


年始の挨拶

お彼岸

お盆

報恩講

お歳暮

浄土真宗の本の解説


正信偈

「きみょーむりょーじゅーにょーらいー」朝晩のおつとめで拝読される親鸞聖人の正信偈。

歎異抄

「善人でさえ助かるのだから悪人はなおさら助かる」他力信心の極致をあらわされ長い間、門外不出の秘本とされていたた親鸞聖人のお言葉。今日は日本で最も読まれる仏教書。