悪人が助かるの?悪人正機

浄土真宗の教えを表す衝撃的な言葉に「悪人正機(あくにんしょうき)」があります。
悪人正機」とは、悪人こそ救われる、ということです。
では、悪をしたほうがいいのでしょうか?
そんなはずはありません。悪人正機は一体何を意味しているのでしょうか?

悪人正機の誤解

悪人正機」といえば浄土真宗の教え、浄土真宗の教えといえば「悪人正機」と言われます。

この「悪人正機」を誤解して、
悪をするほど助かる」まではいかなくとも、
善をする必要はない」と思っている人があります。

悪人正機」は、果たしてそんな意味なのでしょうか。
こんな誤解をして、善いことをする意欲がなくなってしまったり、兵器で悪いことをするようになってしまったら、誤解した人が破滅への道をたどってしまいます。

せっかく浄土真宗、親鸞聖人の教えによって幸せになろうと思ったのに、不幸な結末になってしまいますので、「悪人正機」とはどんなことか、正しく知らねばなりません。

悪人正機とは

まず、「悪人正機」とはどんなことかというと、悪人が正客ということで、悪人こそ救われるということです。

悪人」は、をする人ですから、やった悪によって、悪因悪果、苦しい結果を受けて苦しんでいます。
ですから、「悪人」といえば苦しみ悩んでいる人、苦悩の人ということです。

だから「悪人正機」とは、苦悩の人が正客ということです。

では、苦悩の人が正客と言われたのはどなたでしょうか。

それは、阿弥陀仏の仰せです。

つまり阿弥陀如来の本願は悪人正機なのです。

苦しみ悩んでいる人が正客だぞ
そういう者を助けると言われたのが阿弥陀仏の本願です。

阿弥陀仏の本願=悪人正機

浄土真宗は阿弥陀仏の本願を明らかにされています。
浄土真宗の教えは悪人正機です。

歎異抄の悪人正機

悪人正機をいちばん印象深く、多くの人に知らせたのは『歎異抄』です。『歎異抄』とは、親鸞聖人のお言葉をお弟子が書き残したものです。その第3章にこうあります。

善人なおもって往生を遂ぐ。いわんや悪人をや
(『歎異抄』第3章)

これが歎異鈔でも特に有名な歎異鈔第3章の書き出しです。

これは普通の常識では理屈に合いません。
善人でさえ助かる。悪人ならなおさら」という意味です。
これは皆を驚かすのに十分です。

世間の常識では、「悪人でさえ助かるんだから善人ならなおさらだ」と思います。
倫理道徳では悪人は善人より助かり難いというのが常識です。

ところが『歎異抄』では、その常識をぶち破って反対のことを言われています。

倫理道徳、私たちの考えから言うと、悪人でさえ助かるんだから善人ではなおさら。
こうでないと納得できません。
倫理も道徳も間違いだということになってしまいます。

浄土真宗は阿弥陀仏の本願。
阿弥陀仏の本願とはこういうものなのです。

これらの常識を皆否定してしまうということです。

阿弥陀仏の本願は
善人なおもって往生を遂ぐ。いわんや悪人をや

阿弥陀仏の本願は私たちの大前提になっているものを否定されるんです。
その阿弥陀仏の本願を教えられたのが浄土真宗。

どうしてこういうこと言われたのでしょうか。

阿弥陀仏の御心は悪人正機だからです。
悪人を助ける為に立てられた本願なのだから悪人正客だから善人でも助かるのです。

阿弥陀仏の本願が悪人正機の理由

ではなぜ阿弥陀仏は悪人正客の本願を立てられたのでしょうか。

私たちは、善人とか悪人と聞くと、自分を普通の人として、自分よりいい人を善人、自分より悪い人を悪人だと思います。
ところが、阿弥陀仏のまなこからご覧になると、すべての人が悪人なのです。 阿弥陀仏の本願が悪人正機なのは、この世に悪人以外はないからです。

だから、すべての人が正客です。
すべての人を助けるということが悪人正機です。
阿弥陀仏は、すべての人を本当の幸せに救うと誓われているのです。

では、なぜすべての人は悪人なのでしょうか?

なぜすべての人は悪人なの?

仏教では、私たちの行いを、心と口と身体の3方面から見られます。
身体で何かをすれば身体の行い、口で何かを言えば口の行い、心で何かを思うのも、心の行いなのです。
仏教では、心と口と身体の3つの中でも、特に心を最も重く見られます。
なぜなら、口や身体を動かしているのは心だからです。
もし身体が悪いことをしたり、口が悪いことを言えば、その責任は心にあります。
だから、口や身体に比べれば、心ははるかに重いのです。

だから「殺るよりも 劣らぬものは 思う罪」といわれるように、手にかけて殺すだけが殺生ではありません。口で「死んでしまえ」と言うのも口で殺していることになります。
そして、心の中で「死んでしまえ」と思えば、それで殺していることになるのです。

そうなると、私たちはちょっと嫌いな人や、自分にとって不都合な人がいれば、「早く死ねばいいのに」と思ったことのない人はないでしょう。
それは殺人犯に劣らない悪人なのです。

阿弥陀仏が、悪人といわれているのは心の悪人なので、すべての人は悪人だといわれているのです。

悪人正機の善人とは?

では、悪人正機では、善人はどういう人になるでしょうか?

それは本当の自分を知らず、自分が善人だと自惚れている人です。

では、善人は救われないのでしょうか?
そうではありません。
善人でも、自分の自惚れ心に驚き、真剣に仏法を聞き分ければ、阿弥陀仏の不思議なお力によって救われるのです。

仏教は法鏡といわれ、自分の本当の心を映し出す鏡のようなものです。
ですから、仏教を聞いていくと、今まで知らなかった自分の姿が知らされてきます。そして最後、本当の自分を知らされれば悪人と分かります。

悪人正機には、そういう深い意味があるのです。

ですから、考えて進むのではありません。
聞いて進むしかないのです。
自分の考えというものは、このように間違いですから、聞いて進むのです。
その為に浄土真宗の教えがあるのてす。
阿弥陀仏の本願、浄土真宗は聴聞に極まるなのです。

浄土真宗の本質を学ぶ

浄土真宗の教えの本質、苦しみの根元をメール講座にまとめました。
詳しくは以下のページで確認してください。