浄土真宗のお盆

浄土真宗.jpを運営する日本仏教アソシエーション株式会社の会社概要です。

お盆のお経に出てくるエピソード

まず「お盆」はいつのことなのでしょうか?

期間は、だいたい、8月15日を中心とした数日です。

お盆」は正しくは「盂蘭盆」(ウラボン)といい、お釈迦さまの説かれた『仏説盂蘭盆経(ぶっせつうらぼんきょう)』から起こったものです。

このお経には、お釈迦さまの十大弟子の一人、目連尊者(もくれんそんじゃ)のエピソードが出ています。

目連尊者は神通力(じんつうりき)第一と言われて、特に親孝行な人でした。

ところがその神通力によって、目連尊者の亡きお母さんが、痛ましいことに、餓鬼道(がきどう)に堕ちて苦しんでいることが分かりました。

目連は深く悲しんで、すぐに鉢にご飯を盛ってお母さんにあげようとしましたが、お母さんが喜んでそれを食べようとすると、たちまちそのご飯はぼっと青白い炎となって燃え上り、どうしても食べることができません。

鉢を投げて泣きくずれるお母さんを尊者は悲しみ、お釈迦さまに、
「どうしたら母を救えるでしょうか」
と尋ねました。

その時、お釈迦さまは
「それは、そなた一人の力ではどうにもならない。
この7月15日(旧暦では1ヶ月ずれています)に、飯、百味、五果等の珍味を十方の大徳衆僧に布施しなさい。
布施の功徳は大きいから、亡きお母さんは餓鬼道の苦難からまぬがれるであろう」
と教えてくださいました。

目蓮が、お釈迦さまの仰せにしたがったところ、お母さんは、たちどころに餓鬼道から天上界に浮ぶことができたそうです。

この喜びのあまり踊ったのが盆踊りの始まりだと言う人もあります。

お盆のエピソードから学べること

盂蘭盆は、この目連尊者のお話から、祖先供養の日となってしまい、今日に続いているのです。
でもこれは、一体私達に何を教えているのでしょうか。

ウラボンはサンスクリットですが、漢訳では「倒懸(とうけん)」ということで、倒(さか)さに懸(かか)れる者ということです。

『盂蘭盆経』とは、
「さかさに懸れる者を救う方法を教えた経」
ということです。

では、「さかさに懸って苦しむ者」とは誰のことでしょうか。
死後にだけ餓鬼道があるのではありません。

迷いを迷いと思わず、真実を真実と信じられず、迷いを真実と誤解して苦しみ悩んでいる人は、仏様からご覧になると、みんな
「さかさに懸って苦しんでいる者」
餓鬼なのです。

歎異抄』には、

火宅無常の世界は、万のこと皆もって、空言たわごと真実あることなし

と教えられています。

「今は忙しいから、いつかそのうち仏教を聞いて本当の生きる意味を知ろう」
と考えている人が、多いのではないでしょうか。

もしそれが
「限りある命を持ちながら、限りない欲を満たしてから」
ということならば、それは賢いといえるでしょうか?
みんな、さかさに懸っている者ばかりではないでしょうか。

だから、お金があり、地位があり、美貌があり、能力があり、家族がある人は、それらによってますます苦しみ、それらの無い人は、これらを求めてますます悩んでいるのです。

有るも苦なら、無いのも苦、「有無同然(うむどうぜん)」です。

無ければほしい、有ってもほしい、欲しい欲しいと飢え続け、かわき続け、うらみ続け、満足ということを知らず苦しんでいる餓鬼ばかりではないでしょうか。

みんな本当の生きる意味を知らず、考えが逆立ちしていますから、どこを見渡しても、ただ苦しみ悩みの声ばかりです。

これがまさしく物を求め、物を惜しみ、争いの絶えない餓鬼道のすがたです。

この深刻な現実の自分の心を見つめる時、そんな餓鬼こそ本当の自分のすがただと驚くのです。

亡くなった先祖のことばかりを心配して、自分が餓鬼であることを忘れています。

お盆は、亡き先祖を救う日ではなく、仏教を聞いて、今現に、逆立ちして飢え、かわき、苦しみ続けている自分自身を救う日なのです。

このお盆をご縁に聞法精進致しましょう。

浄土真宗の本質を学ぶ

浄土真宗の教えの本質、苦しみの根元をメール講座にまとめました。
詳しくは以下のページで確認してください。