浄土真宗で位牌はどうするの?

位牌とは?

あなたは、位牌はどうされていますでしょうか?

位牌」とは、もともと生前の官位を書いたもので、死者に対する儒教の礼儀です。
浄土真宗でもなければ、仏教でさえもありません。
それを中国で、儒教の位牌に戒名や法名を書くようになったのです。

ところが戒名や法名も、死者の名前ではありません。

生きている時に阿弥陀仏に救われ、信心獲得すれば、真の仏弟子となります。

この信心の人を「真の仏弟子」といえり。(親鸞聖人「末灯鈔」)

その真の仏弟子となった者が与えられる名前が法名です。

ですから、位牌を仏壇の中に入れている家庭が多くありますが、浄土真宗では仏壇の中に入れないのです。

そのような死んでからのことよりも、浄土真宗で重要なことは、生きているときに阿弥陀仏に救われて、絶対の幸福になることです。
まずは自らが、この世で阿弥陀仏の救いにあえるよう、聞法精進させて頂きましょう。

浄土真宗の本質を学ぶ

浄土真宗の教えの本質、苦しみの根元をメール講座にまとめました。
詳しくは以下のページで確認してください。