浄土真宗で位牌はどうするの?

あなたは、位牌はどうされていますでしょうか?
浄土真宗では、位牌は使いませんし、決してお仏壇の中に入れません。
それは一体どうしてなのでしょうか?

位牌とは?

位牌」とは、もともと生前の官位を書いたもので、死者に対する儒教の礼儀です。
浄土真宗でもなければ、仏教でさえもありません。
それを中国で、儒教の位牌に戒名を書くようになったのです。

ところが浄土真宗では、戒名を用いません。
戒名とは、授戒して仏弟子になったときにつける名前です。
浄土真宗では、他宗のように戒律もなければ授戒もしませんので、戒名はないのです。それで位牌も使わないのです。

ちなみに浄土真宗では、戒名の代わりに、法名をつけます。

法名とは?

戒名も法名も、死んだ人の名前ではありません。
仏弟子になったとき、仏弟子としてつける名前です。
浄土真宗ではどうすれば仏弟子になれるかというと、生きている時に阿弥陀仏に救われ、信心獲得すれば、真の仏弟子となります。

この信心の人を「真の仏弟子」といえり。
(親鸞聖人『末灯鈔』)

その真の仏弟子となった者が与えられる名前が法名です。
浄土真宗の教えは平生業成(へいぜいごうじょう)と言われ、生きているときに変わらない幸せに救われます。ですから生きているときにつける名前が法名です。

そのため浄、浄土真宗では位牌を使わず、過去帳などに法名を記します。

もう一つ、浄土真宗で位牌を使ってはならない重要な理由があります。

浄土真宗で位牌を使ってはならない理由

位牌は、故人の官位を書いたものですので、日本で広まっていくうちに、先祖供養と結びついていきます。
やがて、先祖の霊魂が戻ってきたときに、位牌に宿ると考えられるようになってきました。
さらに、位牌に先祖が常駐していると思っている人もあります。

このような考え方は、人間に不変の霊魂があって、死後も続いて往くという考え方で、仏教ではこれを「常見外道」といわれます。「常見」とは、不変の魂が死後も続くという考え方です。
これを「有の見」ともいいます。
仏教では、このような考え方を迷いとして否定されています。
親鸞聖人も、朝晩のおつとめで拝読する『正信偈』にこう教えられています。

悉能摧破有無見(しつのうざいはうむけん)

これは「ことごとくよく有無の見を摧破す」と読みます。
死後不変の魂が続くという有の見も、死後は無になるという無の見も打ち破られた、ということです。

なぜかというと、仏教では、死ねば生まれ変わり死に変わりを繰り返すと教えられ、これを後生の一大事といわれます。仏教の目的は、この後生の一大事の解決だからです。
この仏教の教えに反するために、浄土真宗では、決して位牌を使わないのです。

位牌をお仏壇の中に入れている家がありますが、位牌は礼拝の対象ではありませんので、お仏壇の中に入れないようにしましよう。
そして過去帳に法名を書き記して、位牌は処分するようにしてください。そして、過去帳も礼拝の対象ではありませんから、お仏壇には入れません。

浄土真宗で最も重要なことは、生きているときに後生の一大事を解決して、絶対の幸福になることです。

ではどうすれば、後生の一大事を解決できるのかというと、後生の一大事を引き起こす苦しみの根本原因を知り、それをなくさなければなりません。その苦しみの根本原因と、なくし方については、以下のメール講座にまとめてありますので、今すぐ確認しておいてください。

浄土真宗の本質を学ぶ

浄土真宗の教えの本質、苦しみの根元をメール講座にまとめました。
詳しくは以下のページで確認してください。